・・・MENU・・・

ユニタTOP美容外科 > まぶた・目元

まぶた・目元

まぶたは「眼瞼挙筋」という筋肉で動く、れっきとした運動器です。そして瞳(眼球)という、ヒトにとって最も大切と言っても過言ではない感覚器を覆っているのです。
一方、まぶたの形(すなわち二重の形も)はその運動能力によって決定づけられます。すなわち、二重の幅や形は目を閉じている時のまつげから二重のラインまでの距離のみで決まるのではなく、目を見開く力で大きく左右されます。
従ってその運動能力を常に考慮し、必要に応じてその調整までも手がけることの出来る眼瞼下垂症に熟練した形成外科医であってこそ、初めて理想のまぶたの美容手術が行えるのです。

  • ページトップへ

まぶたには大きく分けて3つの役割があることをご存知ですか?

1.外部の刺激から眼球を保護する

 まぶたを閉じたり開いたりする際に、目にゴミが入らないようにする働きです。
“目の蓋(ふた)”としての役割です。

2.眼球に潤いを与える

 まばたきにより目に潤いを与えます。
まばたきは涙の分泌を促したり、角膜・結膜上の涙を涙道へ導く役割があります。

3.顔の表情を演出する

 “目は口ほどに物を言う”という例えで表現されるように、まぶたが演じる“目つき”は、
時に言葉で伝える事と同じくらい強い印象を与えます。

  • ページトップへ

まぶたは表面から順に皮膚、眼輪筋、眼窩隔膜、眼瞼挙筋、ミュラー筋、瞼結膜という層状の構造になっています。
人体の他の部分は皮膚の下に脂肪があって、その下に筋肉がありますが、まぶたはすぐ下にも筋肉があり、この特殊な構造が微細な動きを可能にしているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加  
   
 
 
 
 
 
 
ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | 募集要項 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ