・・・MENU・・・

ユニタTOP美容外科 >Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザー

シミ・あざ・刺青など幅広く適応するQスイッチレーザー

Qスイッチレーザーとは

人工的な光線を照射して色素や組織を破壊する医療用Qスイッチレーザーにより、シミ・あざ・刺青まで幅広い治療が可能です。照射後に傷痕が残ることはありません。レーザー照射時の痛みは輪ゴムをはじいた程度です。

Qスイッチレーザー
  • ページトップへ

適応症状

  • 茶あざ(遅発性太田母斑、扁平母斑)
  • 青あざ(太田母斑、異所性蒙古斑)
  • ページトップへ

特徴

当院で導入しているQスイッチレーザーは、皮膚科・形成外科分野において、メラニンが原因となる皮膚のシミやあざ、刺青等の除去に広く用いられる医療用QスイッチYAGレーザーで、海外のみならず日本国内においても高く評価され、実績のあるレーザーです。

  • ページトップへ

諦めていた「あざ」にも

これまであざは皮膚を切り取って縫い合わせる治療でした。Qスイッチレーザーの誕生により、レーザー治療で手軽に治療することが可能になりました。

  • ページトップへ

治療部周辺の組織ダメージを最小限に

10億分の数秒”という極めて短時間でレーザーを発振するQスイッチYAGレーザーを使用しますので、患部周辺の正常な皮膚組織へのダメージを最小限に抑えた「患者様に優しい治療」です。治療の際に出血したり傷痕が残ったりする心配がありません。施術後、多少赤みが残りますが、やがてかさぶたになり、1〜2週間後には自然に剥がれます。

患部周辺の正常な皮膚組織へのダメージを最小限に抑えた「患者様に優しい治療」です。

  • ページトップへ

治療の流れ

カウンセリング

医師によるカウンセリングを行います。

流れ

麻酔テープ

事前に麻酔テープを貼り、痛みを軽減します。

流れ

レーザー照射

レーザーを照射します。治療時間は数分です。

流れ

アフターケア

照射直後に消毒剤で皮膚表面を拭き、
ガーゼまたはテープで保護します。

〈治療後の注意事項〉

入 浴 当日は入浴を控えてください。
翌日より患部を水から保護して入浴・洗髪が可能ですが、強く擦らないように注意して下さい。
医師の指示のもと、処方薬を所定の期間、ご使用下さい。
生 活 患部を直射日光にあてないよう注意し、日焼け止めをご使用下さい。
食事、運動などの日常生活は通常通りで結構です。
  • ページトップへ

施術例

日光性色素斑

日光性色素斑

日光性色素斑

日光性色素斑

ホクロ

ホクロ

遅発性太田母斑 (ADM)

遅発性太田母斑(ADM)

遅発性太田母斑 (ADM)

遅発性太田母斑(ADM)

このエントリーをはてなブックマークに追加  
   
 
 
 
 
 
 
ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | 募集要項 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ