・・・MENU・・・

ユニタTOP美容外科 > ニキビ跡(痕)

ニキビ跡(痕)

ニキビ痕とは
ニキビ痕とは

ニキビ跡(痕)は大きく3つのタイプに分類されます。

1 赤みが残るニキビ跡(痕)

2 色素沈着が残るニキビ跡(痕)

3 凸凹が残るニキビ跡(痕)です

ニキビ跡(痕)の症状によって治療法が異なります。

ニキビ跡(痕)とは、ニキビができた後に、赤みがシミのように残ったり、肌の表面がクレーターになってしまう状態のことです。特にクレーターは改善するのに時間を要しますので、ニキビで悩む方の一番の悩みの種になっています。ニキビ跡(痕)は、ニキビを引っかいたりつぶしたりして悪化し、残ってしまうというケースが多くを占めます。

  • ページトップへ

ニキビ跡(痕)の種類と治療法

赤みが残るニキビ跡(痕)

赤みが残るニキビ痕

ニキビ跡(痕)の赤みは、ニキビの炎症がお肌の内部に残っているために生じます。紫外線は炎症を促進するため赤みを治りにくくします。

紫外線に曝されすぎると炎症が悪化して、ニキビ跡(痕)の種類が赤みから色素沈着に移行する場合があります。

この治療がおすすめ!

ケミカルピーリングビタミン超音波・イオン導入トレチノイン療法

色素沈着が残るニキビ跡(痕)

色素沈着が残るニキビ痕

ニキビ跡(痕)の赤みは、ニキビの炎症がお肌の内部に残っているために生じます。紫外線は炎症を促進するため赤みを治りにくくします。

紫外線に曝されすぎると炎症が悪化して、ニキビ跡(痕)の種類が赤みから色素沈着に移行する場合があります。

この治療がおすすめ!

ケミカルピーリングビタミン超音波・イオン導入トレチノイン療法、メラニン沈着度合いによってはフォトRF

凸凹が残るニキビ跡(痕)

凸凹が残るニキビ痕

ニキビが重度の場合には、炎症による皮膚細胞の破壊が真皮にまで及ぶことがあります。真皮にあるコラーゲンやエラスチン(お肌を形作る成分)が破壊されると、お肌が変形してニキビ跡(痕)の凸凹が生じます。

この治療がおすすめ!

フラクセルU

  • ページトップへ



施術例

ニキビ跡(痕)の陥没/毛穴の開き

ニキビ/ニキビ痕の色素沈着

毛穴の開き/ニキビ痕の陥没

毛穴の開き/ニキビ痕の陥没

毛穴の開き/ニキビ痕の陥没

毛穴の開き/ニキビ痕の陥没

毛穴の開き/ニキビ痕の陥没

毛穴の開き/ニキビ痕の陥没

毛穴の開き/ニキビ痕の陥没

毛穴の開き/ニキビ痕の陥没

このエントリーをはてなブックマークに追加  
   
 
 
 
 
 
 
ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | 募集要項 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ