福岡の美容外科
ユニタ整形外科・形成外科クリニック

【所在地】
〒811-1346
福岡市南区老司1丁目27-12
TEL : 092-564-6001
FAX : 092-564-6004

ユニタTOP整形・形成外科 > リハビリテーション

リハビリテーション

理念

リハビリ

ヒトの筋・骨・靭帯は、それぞれが、元来、4足歩行を行うように配置されており、2足歩行することを前提として身体が形成されているわけではありません。むしろ、2足歩行するためにわずかながら進化した、と考えるべきなのです。しかし、「人生、100年」と言われる昨今、2足歩行するヒトが、肉体に痛みを伴うことなく、その人生を全うすることは並大抵のことではありません。この100年間の長期にわたり、地球上の重力の影響を受けた肉体には、大なり小なり、歪みが生じ(医学的には、主に変形性関節症が生じた状態を言います)、その蓄積によって、痛みや外見上の変形、つまり「障害」が完成されてしまうのです。高齢化社会が急速に進行する日本において、変形性関節症が注目される中、一部の業者の無責任なイメージ戦略によって、肉体的「障害」がサプリメント(つまり、食べ物)で改善・克服できるかのような期待を国民が抱き、本来、行わなければならない医学的・科学的アプローチ(対策)を国民が理解することに時間がかかりすぎている(遠回りしている)傾向があることに、私たち整形外科専門医は危惧しています。

職業による長時間の同一姿勢や無理な体勢、手術、日々の習慣などによる「歪み」が関節に広がり、重篤な障害へと進行していきます。この「歪み」を早期に治療することにより、100年間、重力の環境下でも耐えうる身体を作り、より美しく、より機能的に健康な人生がおくれるのです。もし、障害が起こったとしても、その原因を究明し、的確な治療を行なうことにより、再び健康な生活を取り戻すことが可能です。

当リハビリテーション科では、そんな皆様をサポートしています。

  • ページトップへ

リハビリテーションとは?

リハビリの語源はラテン語で、Re(再び)+habilise(〜の状態になる)がRehabilitation(元の状態に再び戻る)という言葉が生まれました。

ユニタのリハビリは文字通り、「治療を行う中で、健康の喜びと生きる力を皆様に再び取り戻していただく」ために、日々セラピストが努力をしております。

  • ページトップへ

コラム

美しい姿勢とは?

加齢や生活習慣、また職業などにより人間の姿勢は様々に変化します。例えば、食品加工工場などの流れ作業を余儀なくされる方は、その流れと同じ方向のからだの「捻れ」が生じてしまいます。壁紙の張替えをされる方は、上向きで押し付ける作業を余儀なくされるため、腰痛や肩関節周囲炎が多く見受けられます。

このように、職業や生活習慣により生じた体の「歪み」は、加齢に伴う筋力低下や骨粗鬆症により障害が加速し、重篤な障害に陥ってしまいます。「職場を変える」事が最良の方法かもしれませんが、そんなことは不可能です。では、どのようにして「美しい姿勢」を作り、維持させていけばよいのでしょうか?

人間は「骨・筋肉」により姿勢を維持しています。建物で言えば、骨が「柱」で筋肉が「梁(はり)」と考えてよいでしょう。骨は地面に対して垂直に立っていれば支持できます。そして、その骨の位置を微調整するのが筋肉です。

人間の進化は、「頭蓋骨を身体の中心に存在しえたこと」である。それにより、思考力・コミュニケーション能力が備わったと言われています。頭蓋骨を脊柱がしっかりと支持し、2本の足は土台となり、両腕は自由に動かすことができる。これが、理想の姿勢であると考えます。

猫背の方や膝が曲がっていると、どことなく頼りなく見えますよね。背筋がピンッと伸びている人は品があり知的に見えるのは、身体機能面から見ても反映されているのではないでしょうか?いざ、姿勢美人に!

美しい歩行とは?
下半身が上半身を真っ直ぐ運ぶイメージ

実は「こう歩けばよい。歩きなさい。」などテレビで言われる「正常歩行」は存在しません。なぜなら、身長・体重・性差・履物・生活環境・遺伝など様々な「個人差」により違っているからです。

2足歩行が可能になり、上半身の役割は「生命維持装置(呼吸・循環・生殖など)」を保管する場所として存在し、下半身はそれを運ぶための言わば駆動エンジンと考えます。頭部を含めた上半身が傾いてしまうと、下半身はバランスを取ろうとして無理を強いられます。例えば、右肩にいつも重い荷物を担いでいる人は、支持性を右足に、左足には駆動力を必要とし、それが繰り返されることにより「障害」へと進行してしまいます。

単純には、「上半身は正中位を保持」することで、下半身は正常に機能することができ、前方へ無理なく進むことができるのです。前述したように、正常歩行は個人によって異なります。「歩行はこれで良いのだろうか?」と自問し、欠点を克服しながら、理想の歩行を獲得して行きましょう。

  • ページトップへ

当院のリハビリテーションの特徴

徒手中心の治療

従来の「電気治療器」のみの治療では、一時的に痛みを軽減することはできても、「根治性」の治療にはならず、また時間がたてば痛みが出たり動きが悪くなってしまいます。つまり、その場しのぎの治療でしかないのです。

ユニタでは、怪我をしたすぐ(急性期)の方から障害が長期経過をたどっている(慢性期)方にいたるまで、すべての患者様を「徒手療法」で治療を行います。痛みや動きの悪さ、また生活習慣や職業によって人間の体はゆがんでしまいます。コレが痛みを長引かせたり障害の広がる原因です。外側の筋肉を緩め、内なる筋肉を鍛えることにより、障害が起こりにくい、しなやかな身体を作ることができます。

個人に合った美しい姿勢・歩行の獲得

個人に合った美しい姿勢・歩行の獲得

ユニタクリニックでは、「100歳まで美しく歩く」をコンセプトにリハビリテーションを行っています。生まれてから1年余りで2足歩行を獲得し、その後80年もの間歩行し続けなければなりません。この2足歩行は脳の発達と関係があり、頭部が正中位にあることが加齢にともなう内蔵機能の低下や、認知症を予防するとされています。「いつまでも若いですね」といわれる高齢の方の姿勢や歩行は綺麗ですよね。

重心動揺計や動作解析装置を使用し、今現在の歩行を科学的に分析し、美しい姿勢や歩行を再獲得するためのプログラムを処方し、それに沿った的確な運動を行っています。

今まで「本当に効果があるの?」といわれていたリハビリテーションを、画像や映像で回復を確認しながら、安心して行っていくことができます。今御自分の姿勢・歩行を確認して、私たちと共に100歳まで歩行するための礎を獲得しましょう。

「手術しかない!」と言われていた膝も、O脚を改善し、肩の力が抜けて非常に良い姿勢に変わっています。

また、左足ばかりに乗っていた重心も、両足の中心に置くことができ、バランスの良い姿勢になっています。

運動療法 前・後

スタッフによる適切な運動指導

スタッフによる適切な運動指導

私どもセラピストは、患者様と「回復」という道のりを共に歩んで行きたいと考えています。本来「回復力・自然治癒力」は人間誰しもが持っているものです。その最も効果的な方法を、ホームエクササイズや筋力トレーニングなどを通して、皆様に提供しています。

右は、歩行における足の圧力を測定する器械です。歩行時にどちらの足に体重が多く乗っているのか、またしっかり踵で着いて つま先で蹴っているのかが一目瞭然です。「自分の歩行を変えたい」「もっときれいに歩きたい」そんな方のために測定し、<美しい歩行>へと改善していきましょう。

スポーツ選手のためのフォーム改善指導

野球・サッカー・バスケット・バレーなど、フォームやスキルを中心としたスポーツには、正しい動作が必要にあります。それは「体に負担なく、無理のない美しいフォーム」が故障の少ないスポーツ競技を可能にします。そのために、自分のフォームを見つめなおし、プロのアドバイスを元により高いレベルのパフォーマンス行えるようになります。

スポーツ選手のためのフォーム改善指導

  • ページトップへ

 

歩行分析装置

歩行分析装置

歩き方の変化は除々に進行していくため、自分で認識していくのは容易ではありません。また、各機能(関節・筋力など)を把握するためには、客観的な評価が重要となります。ユニタでは「100歳まで美しく歩く」をテーマに掲げており、リハビリでは特に「歩き」に着目した動作指導・運動を行っています。

>>詳しくはこちら

ユニタTOP | 整形・形成外科 | 美容外科 | ユニタの概要
施設案内 | 交通アクセス | 院長・スタッフ紹介 | 診療内容 | プライバシーポリシー | サイトマップ | お問い合せ