9時~18時 日祝休診

くま・たるみ「脱脂術」

2024年02月19日
形成外科・美容外科

見た目老化のシンボル「くま・たるみ」を断捨離

第一印象は目の印象でほとんど決まるとも言えるくらいに、目元は人柄や年齢を

印象づける部分です。特に目の下のたるみやくまは疲れた印象や老けた印象を与

えます。治療技術の進歩とともに、当院はメスを使わず、最新のレーザーを用い

て、確実で安全な目の下のたるみ・くま治療を積極的に行っています。

当院の考え方

シンプル イズ ベスト!

出ている脂肪は取り除き、必要に応じて注入する。

まずは、くま・たるみの原因となる脂肪を取り除く

これが基本!その上で、どうしても必要な場合だけ注入療法を

検討する。

●注入療法に際しては随時簡単に対処できる手段を選択することが賢明

出ている脂肪は、一度取れば多くの場合、その後、二度三度と取る必要はありま

せん。一方、目元に限らず、ゴルゴラインや豊麗線の皮膚のうねりに処置を施す

必要性は経年的に高まるものであり、一度処置を施せば、生涯不要というもので

はなく、経年的に刻々と変わる変化に対応して、随時対処することが求められま

す。したがって、注入療法に際しては随時簡単に確実に対処できる(微調整も可

能な)手段を選択することが賢明と言え、その点においてヒアルロン酸注入は、

PRPや脂肪注入に比べて優れた合理的な対処法と言えます。これを念頭において

目元においても脱脂術後に必要があればヒアルロン酸注入を検討すれば良いので

す。

●目の下のくま(影・くぼみ)を改善するなら注入療法だけでも良い?

くま(目の下の影)の原因がくぼみだけで、そこに出ている脂肪がなければ注入

療法だけで対処することが可能ですが、もしも、出ている脂肪があれば、それを

取らずに注入療法だけで対処すると腫れぼったい印象になります。

●出ている脂肪を取るとしわが生じる? 切開法で皮膚までとらないといけない?

まぶたは額や頬と異なり、まばたきをするための伸縮性に富んだ組織であるた

め、経結膜法で少々の脂肪を取っても、目立つしわは生じにくいものです。特に

肌にハリのある年令(主に50才以下)では、ほとんど問題になりません。一方、

60才を過ぎて肌にハリがなくなると、取り出す脂肪が多ければ術後に小じわが生

じやすくなることはありますが、ふくらみが取れる効果(メリット)に比べる

と、生じる小じわをデメリットと捉える方はほとんどいません。少なくとも、そ

のデメリットを避けるために切開法を選んでも、小じわがなくなることはなく、

切開法のデメリットを考えると、むしろ、デメリットの方が大と言えると思いま

す。また、そのしわに対処する必要のある方は、まぶた以外のしわも気にしてお

られる方がほとんど。であれば、切開法を選ぶよりも、顔全体のしわ治療を手術

以外の方法で講じることがむしろ効果的と考えます。

●脱脂術(経結膜法)だけで、くま・たるみのすべてを改善することは可能?

脱脂術において最も求められる点は、いかに正確に気になるふくらみを解消する

かにあります。もしも、脱脂術でまかなえない点がある場合、他の併用療法を同

時に行って一度に全てを解決しようとしても、むしろ、余計なリスクが高まるこ

とのほうが懸念されます。まずは、シンプルな治療法(脱脂術)で出来るだけ正

確にふくらみを解消することに注力し、その後、必要に応じて最小限の治療を追

加することが賢明と考えます。

くま・たるみ治療の詳細はこちら
https://unita.co.jp/keisei/35/index.html


「シミ・くすみ・肝斑」    

2024年02月14日
形成外科・美容外科

☑エステ・化粧品ではシミは取れません

☑レーザーさえ当てればシミは取れると思い込んでいる方、それは大きな間違いです

☑「レーザーのエネルギーが高いから」「照射数(ショット数)が多いから」良い結果が出るというわけではありません

☑半年間継続しても効果が見られないような治療はストップ!

☑シミは1種類ではなく、数種類あります。シミの種類によって適切な治療法が異なります。まずはご自身のシミは何か?から治療が始まります。

🚩治療期間 1年程度
<前半戦> 
ケミカルピーリング・フォトフェイシャル・ビタミン超音波イオン導入6回コース、トレチノイン療法、服薬
<後半戦>
ケミカルピーリング・ビタミン超音波イオン導入6回+ビタミン超音波イオン導入12回コース、トレチノイン療法、服薬

色調改善のみならず、小じわやキメなどの肌質改善も同時に得られました。

詳しくはこちら https://unita.co.jp/keisei/21/index.html


印象の時代。ほうれい線も口角も下がっているよりは上がっている方が圧倒的に良い印象を与えます。
ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴラインは年令を印象づける大きなポイント。この部分が浅くできれば顔のたるみの印象が違って見えます。

当院のヒアルロン酸注入は1年に1回で十分
「安全で効果的な注入剤」「効果的な注入層」「適正量」
この3つを絶対条件とし、かつ、見立てのセンス、注入技術を持って治療を行っております。

当院は形成外科専門医が注入を行います。
当院はアラガン社製のジュビダーム製剤を使用しています。


老化のサイン「ハの字」

2024年02月05日
形成外科・美容外科

目のくまたるみの「ハ」
ほうれい線の「ハ」
ゴルゴラインの「ハ」
喜べないハの字ですが、頑張ってきた勲章のハの字でもあります。

当院ではこのハの字をいかに減らせるかをテーマに
ハの字がなかった頃に戻す自然な治療を行っております。

時計の針を少し戻せたら、心が明るくなります。
お気軽にご相談くださいませ。

口元の「ハの字」ほうれい線
ほうれい線、マリオネットライン

ほうれい線、マリオネットラインの詳細はこちらhttps://unita.co.jp/keisei/26/index.html

目の下のくまたるみの「ハの字」

くま・たるみ治療の詳細はこちら
https://unita.co.jp/keisei/35/index.html


ワキ汗・ニオイにミラドライ

2024年02月01日
形成外科・美容外科

年中問わず、人気のミラドライ
来年の春夏に向けて今から準備がベスト!

記事の続きを読む


ミラドライの学割スタート!

2024年01月18日
形成外科・美容外科

対象年令は15才~18才です。
ワキの汗とニオイが気になる方に大変人気のミラドライは厚生労働省認可の「切らないワキガ・多汗症治療」でとても安全な治療法です。

手術は怖い、傷跡が残るのが嫌だ、治療を受けたことがバレたくない、学校を休みたくない、だからミラドライを受けたい。
でも、自費だから・・・・どうしよう・・・と悩んでいるお子様方に学割制度がお役に立てれば幸いです。

学割価格 ミラドライ1回275,000円(税込)(麻酔代、薬代、材料費込)

詳しくはこちらhttps://unita.co.jp/keisei/27/index.html


2024年お年玉キャンペーン

2024年01月05日
形成外科・美容外科

当院を初めて利用される方限定! 
★期間限定2024年1月5日~2024年2月29日まで★



A)ミラドライ <ワキ汗・ニオイ>
  両脇 通常価格363,000円→290,400円

ミラドライの詳細はこちら
https://unita.co.jp/keisei/27/index.html

B)ウルセラリフト(医療ハイフ)<たるみ治療>
  頬+顎下の範囲 通常価格264,000円→237,600円

ウルセラリフトの詳細はこちら
https://unita.co.jp/keisei/29/index.html

C)ヒアルロン酸注入(アラガン社:ジュビダーム製剤)
  <ほうれい線、マリオネットライン、ゴルゴライン、顎のもたつき・たるみ>
 2本 通常価格 220,000円→198,000円(しわの深さや症状・程度によって必要本数が異なります)

ほうれい~マリオネットラインのうねりが深くなる。顎にくびれが生じ、顎が短く見える
ヒアルロン酸注入が効果的!

ヒアルロン酸注入の詳細はこちら
https://unita.co.jp/keisei/26/index.html


ほうれい線、アゴのくびれ

2023年12月29日
形成外科・美容外科

ほうれい線、口角の下がり、アゴのくびれやデコボコは
顔のたるみを象徴するポイント

☑口角が下がってしかめた表情に見える
☑顔のたるみの象徴
☑老け顔、疲れ顔が際立つ
☑アゴが食い込んで短くなり、鼻の下が長くなり、アンバランスに見える

すでに生じてしまっているほうれい線やマリオネットライン、アゴのくびれや寄れはヒアルロン酸注入がイチオシ!

口元のたるみ治療のレジェンド「ヒアルロン酸注入」を深堀り!
🚩当院は形成外科専門医である院長が注入を行います。
🚩同じ薬剤だから同じ結果が出るわけではありません
 「見立てのセンス」と「注入技術」
これが合わさることで良い結果を出すことが出来ます。
🚩純正なヒアルロン酸であること
🚩安全で効果的な注入層
🚩適正な注入量

*大切なこと*
日本のみならず、世界中の多くの国において形成外科医の資格がない医師が形成外科診療(注入や手術など)を行っていることが問題になっています。
「当院は日本形成外科学会において認定された形成外科専門医です」

詳しくはこちら https://unita.co.jp/keisei/26/index.html


まだ間に合う!同窓会、結婚式

2023年09月14日
形成外科・美容外科

コロナが収束し、ようやく日常を取り戻し、これまで延期していたイベントが目白押しの今年の秋冬。

「久しぶりに会うんだからきれいにしておかなくちゃ」
「老けたって言われたくないじゃない」などドキドキワクワク高揚感に溢れている光景が見られます。

同窓会、結婚式など大切なイベントに向けて人気の治療!
●口元が下がって見えるあなたには
「ほうれい線~マリオネットラインにヒアルロン酸注入」
●フェイスラインを引き締めたい!あなたには
「医療ハイフ ウルセラリフト」「サーマクール」
●眉間や目尻の表情じわが気になるあなたには
「ボトックス」
●ゴルゴラインが気になるあなたには
「ヒアルロン酸注入」などなど

お手軽にサクッと受けられる治療をご用意しています。
お気軽にご相談下さいませ。



目元・肌・口元の若返り

2023年06月22日
形成外科・美容外科

当院は、「若返り、アンチエイジング」を目的とした美容医療を行っています。
“変えるための美容ではなく、加齢にともなう変化を阻止、10~20年前に戻す治療”を実践しています。

個性を変えるための治療ではなく、個性はそのままで、エイジング(加齢)によっての「変化を食い止める」「変化した部分を元に戻す」治療に取り組んでいます。吸収されない異物を入れて骨格を変えたり、骨を削ったり、外人のような目にする手術は行いません。
多くの人が、特に若い頃は、自分にない特徴を持ったクラスのあの子や、タレント、女優など、自分にはない特徴を持った他人に憧れを持ちます。
長年見慣れた自分の顔の良さに気付きにくいもの。確かに、顔の骨格には美容外科的に美の法則がある程度はありますが、その法則は絶対的なものではなく、時代と共に人の好みは変化します。
一方、誰もが、中高年になって自分の若い頃を振り返って見ると、「若い頃は良かったなー」と感じることも事実です。そうです、若い頃は皆輝いています。若い頃には気づいていない、誰もが持っている大切な「美の要素」。それがエイジングによって変化してしまうのです。
当院では、その「美の要素」がエイジングによってどのように変化するか、エイジングのメカニズムを熟知した形成外科の専門医が、最先端の医療技術の中から最も効果的な治療法を提案し、皆様のアンチエイジングを着実にもたらします。


21件

1ページ目

ユニタ クリニック

811-1346 福岡市南区老司1-27-12
TEL092-564-6001FAX092-564-6004

スタジオ ユニタ

811-1346 福岡市南区老司1-27-12
TEL092-564-6002FAX092-564-6004

© UNITA CLINIC.